FC2ブログ

ゲーム音楽を聴こう

ゲーム音楽CD紹介をメインに、ゲーム音楽コンサートの感想やイベント情報などを、日記を交えて書いています。
ゲーム音楽を聴こう TOP  >  CD紹介(その他)

GAME MUSIC SCOOP The Best in SUMMER '09

Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2009年 09月号 付録です。この当時の新作話題ソフトのサウンドを収録しています。
雑誌内でもインタビューが掲載されてますが、さらにインナー仕様(記事内で切り取り線がある)で、各曲に作曲者またはメーカーの方によるコメントがあるのが大変うれしいです。

まずはモンハン3から、人気曲であるラギアクルスと生命ある者へが一緒に入っているトコが嬉しい! 「生命ある者へ」は、3のメインテーマで、そのタイトル通りに全ての生命を愛おしくも優しく包むような、生命賛歌的に愛溢れるテーマだと思います。しかし途中までしか入ってなくて残念。まぁ付録だからね。美味しいトコどりではあるので、これでゲームの雰囲気を知ってもらうということなのでしょう。
ポップンはタイトルやセレクト、スタッフロールで流れる曲をメドレー形式で。ということで、こちらも雰囲気を楽しむ感じですね。

サガはお馴染みのOP。こちらも途中までの収録。コメントがイトケンのものになっているけど、これ植松曲だよね? バイオリンが歌うアレンジになりました。
ブラッドオブバハムートはテーマ曲ということで、大河っぽくというリクエストを受けての制作だったそうです。そんな趣もありますね。ナナシは怖い。曲だけならアレフガルド的さみしさを感じる名曲だと思うんですが、これが壊れていくわけでめっちゃ怖い。曲だけで不気味さを出しているのが怖い。ラストでダメ押し。(ダメです)

一転ぷよぷよ楽しい…ぷよぷよのうたは今井麻美さんが歌ってます。ベリーショートバージョンということで、本当にお馴染みの部分だけをまとめたものですが、一緒に口ずさめる楽しさと可愛さ。へんしんモードとともに救われます。(ナナシ怖すぎる)
ソニックはいつも通りにカッコいい! スピード感あるギターの爽快サウンドが気持ちいいです。
ハウスオブザデッドはベースが某スパイ映画を醸し出す雰囲気ですが、そこに載せるメロとボイスがちょっと怪しくレトロな感覚でカッコいいんですよ。ゲーム中だとどんな感じで流れるんでしょうか。

王様物語はクラシック曲のアレンジ。元曲を知っているからという部分もありますが、どことなく薄暗い雰囲気がありながらも聞きやすくなっています。作曲は蓑部雄崇さんですが、バンプールさんの味わいですねコレ不思議。もちっと華やかな曲もあったりするのかもしれませんが、なんというか毒っぽいトコがあります。スイマセン。

ということで、それぞれのゲームの雰囲気を味わう、体験するというサントラであると思います。
ゲームそのままでないトコもあるので、ココならではというのもありますが、しっかりフルに聞きたい! というジレンマもあり、そういう部分で販促としては成功なのかなと思います。


ニンドリ09年9月号
Nintendo DREAM
2009年 09月号


モンスターハンター3(トライ)
1.海と陸の共震/ラギアクルス
2.陽炎と流星の大地
3.土砂と熱風/ボルボロス
4.いっぱい上手に焼けました
5.生命ある者へ

ポップンミュージック
6.SHAKE'N SWING'N POP'N MUSIC!

サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY
7.伝説は始まる

ブラッド オブ バハムート
8.BLOOD of BAHAMUT

ナナシ ノ ゲエム目
9.「ナナシ ノ ゲエム」ナナシ ノ テエマ

ぷよぷよ7
10.ぷよぷよのうた ベリーショートバージョン
11.へんしんモード

ソニック クロニクル 闇次元からの侵略者
12.ソニック クロニクル オープニングテーマ

ザ ハウス オブ ザ デッド:オーバーキル
13.Dim Sum For Papa

王様物語
14.オニーの棲家~壺笛~
15.ソバマンジャロ登山~頂上まで487.95メートル~
16.背伸びの国の掟
17.食べごろの戦い


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年09月17日 16:19 ] カテゴリ:CD紹介(その他) | TB(0) | CM(0)

誕生-デビュー-

その昔にもアイドル育成ゲームがあってな… という、今回は「誕生-デビュー-」のサントラ紹介。
こちらはPCエンジン版準拠でのゲーム中アイドルソング集となっています。いわゆるオリジナルサウンドは誕生S〈セガサターン版〉オリジナル・サウンドトラック完全収録盤しか無いのかな?(持ってない)

そんなわけで、収録されているのがキャラソンだけなのですが、これをランキングカウントダウン風にDJによる曲紹介を挟むことで、1枚のアルバムをラジオ番組のように楽しめるようになっています。
ゲーム自体が「自分の育てたアイドルをトップにする!」というものなので、こういう風に曲を紹介しつつ曲を聞くスタイルというのは、ゲームらしい演出で良いと思います。また、聞くにもラジオっぽさがあるのでアルバムをフルに流しつつ、気楽に他の作業をしつつも楽しめます。

しかし惜しいw 当時のアイドル声優さんたちで、多分そこそこ歌える人だと思うんですが、みんな歌下手だな! というか、キャラボイスありきなので、歌のイメージと声優さんの歌声が違うトコがダメなのかなぁ…?
笠原ちゃんの「ためいきラプソディ」は結構しっくりきているものの、声優さんにまだ歌唱力は求められていなかった…ことはなかったんだけど、まぁアイドルですからね。笠原ちゃんのキャラである藤村さんは歌唱力強いキャラだしね。(のん子頑張れよ…)

作曲が岩垂さんだったり(メインは溝口功さんぽい?)、今振り返るとなかなかに豪華なキャストなわけで、それなりに当時の雰囲気がわかるんじゃないかなと思います。
誕生が発売した後、アイドル育成ゲームがそれなりに出たことを思うと、現在の状況とも似ているんじゃないかなと思います。


誕生
誕生~デビュー


1.“Debut” Countdown~Opening
2.ヴィーナスの誕生
3.Countdown No.10
4.LONELY SHOUT~孤独な叫び~
5.Countdown No.9
6.ためいきラプソディ
7.Countdown No.8
8.ライト アンド シャドウ
9.Countdown No.7
10.ILLUSION
11.Countdown No.6
12.M・I・K・A・N
13.Countdown No.5
14.春色未満
15.Countdown No.4
16.哀・日本海
17.Countdown No.3
18.愛痛くて…会いたくて…
19.Countdown No.2
20.せつなさのかけら
21.Countdown No.1
22.春雷
23.“Debut” Countdown~Ending
23.トライアングル・マジック


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年08月27日 18:34 ] カテゴリ:CD紹介(その他) | TB(0) | CM(0)

ニンドリミュージック 2012 WINTER セレクション

ニンドリ2012年1月号の付録CDです。本誌発売タイミングでリリースされているソフトのサウンドをセレクトしたものになっています。CD化されていない作品や、CDver.とはまた違うサウンドが収録されていたりで、相変わらず付録美味しいです。

モンハン3Gは曲名が後から出ているサントラ(狩猟音楽祭とか)と異なっていますが、タンジアとブラキと、新しいものを(追加曲)! と分かりやすい2曲。タンジアの波の音と、ゆったりした曲調が、いかにも水辺という心地よさ。そこからブラキの緊迫感のある激しい曲へ行くのはあわただしいw 人気作品の新作ということもあり、トップに持って来ているのだと思います。
続くパワポケはとても爽やか! 青春だからなのか! と吹く風の爽やかさを感じられる、いかにもなコナミ曲だと思います。不思議とメーカーの色といいますか、コナミだからこう、というわけでも無いと思うのですが、らしいよね。と思います。
ラストのでゅえりすと初段が、和風の音使いが熱くもカッコ良い、前2曲とは違う青春の熱さがあります。その次のShinobiに繋げて和風なのか? と思うくらい(そんなことはないと思います)。

Shinobi 3Dは闇を走り抜ける、スピード感あるサウンドですが、そこに和楽器の音色を混ぜてスタイリッシュにしたサウンドがカッコ良いです。大変日比野サウンドです… ステージ3のオーケストラと和楽器との壮大なサウンドは、スネーク感あると思います。パワプロくんからの流れも若干納得…(そんなことないと思います)。こちらも後から発売されているサントラとは曲名が異なっています。

ソニックジェネレーションズはシリーズアレンジが多く使われていて大変美味しい… 音色こそ違うけど、ほぼ元と同じ雰囲気になっているんじゃないでしょうか。そういうちょっとした味わいをサクっと感じられるセレクトかと思います。エメラルドコーストの眩しさが夏! という感じで今にピッタリ。
ぷよぷよ!! は明るく楽しい雰囲気がショートバージョンでもバッチリ。ピコピコバージョンじゃない方より、こっちの方が聞きやすいと思ってしまうのはレトロ属性だからなのか…?
怪盗Rのテーマもショートですが、このイントロが彼のテーマでもあるのでキャッチーで分かりやすいかと思います。華やかにもスリリングな雰囲気が怪盗というテーマにピッタリなのかと思います。ジャズバンドで奏でられる曲がオシャレな大人の雰囲気を醸し出していますが、思えばルパン三世を踏襲しているんでしょうか? と思うのでありました(P5もそういうトコあるし)。

極限脱出もスリリングなサウンドですが、より緊迫感を持たせたサウンドだと思います。デジタルだからか浮遊感も感じられ、曲調が突然変わることで緊迫しつつも、どこか異常なほどの心地よさがある不思議な曲です。毒っぽいのに心地よいという、緊張しすぎてハイになった状態を表現しているのかもと思うくらい、本当に不思議に気持ちいいんですよコレ。

メイプルDSはオンゲー移植とかではなく、別途のアクションRPG…なのかな? 本家も未プレイなので何ともなんですが、OP曲は割りとオーソドックスなロック。差し込まれるバイオリンの切なさがまた分かりやすくもあり、エンディングのピアノもなんですが、オーソドックス。メロがしっかり立ってて分かりやすく聞きやすい。世界観がかわいい雰囲気あるのに、こんなにも悲しげなエンディングなんですかね…
ブレイブカンパニーは勇壮な曲が壮大なRPGっぽいのですが会社経営(パッケはロマサガの小林さんなのでさらに)と大丈夫これ? となるカンジですが、曲はカッコいいです。普通にRPGらしくイメージしやすい曲達かと思います。逆にこれだけコテコテのRPG色ある曲って今は無いんじゃないかな…? ピコっとした音色を混ぜ込んでいるのはサカモト教授ならではなのかな。

カグラは2曲ともバトル曲でもあるためか、非常に激しく熱いサウンドとなっています。和っぽさを出すためか、和楽器が差し込まれていますが、それぞれ雰囲気の印象付け程度で、曲調としては和風ではないのでちょっと勿体無いかなとも感じます。
ぼくもの、ルンファクと牧歌的にのんびりした曲はゲーム的にもピッタリなんだろうと思います。季節曲というのもあって、その風景の雰囲気が伝わる分かりやすさです。バトルが一転して重い曲で、そこまで激しくないのに辛い空気を感じます。

超次元サッカーはもはやサッカーじゃないと思うんですが、収録されている曲は本当にサッカーゲームの曲なんですかね?? 「天馬と仲間たち」は青春すら思わせる爽やかさを載せつつも、インパクトのある華やかなイントロが壮大なサウンドに盛り立てています。カッコいいね。
そして衝撃の「神童の葛藤」です。そのタイトル通りに葛藤を思わせるピアノソロのイントロが激しさをぶつけ、その後のコーラス、金管が心の内の戦いをうねるように広げていきます。コレ本当にサッカー???(プレイしてない)

そんなわけで、付録ではありますが様々なゲームのサウンドを色々と少しずつ味わえるお得さがあると思います。サントラ化されていない作品もあるので、こういう付録でしか聞けないというのもお得であります。
またニンドリさんでちょいちょい出して欲しいね。ゲーム音楽専門雑誌も出ていいと思うのよ…


Nintendo DREAM (ニンテンドードリーム) 2012年 01月号 [雑誌]




モンスターハンター3G より
1.タンジアの港
2.ブラキディオス

パワプロクンポケット14 より
3.ポケット! フォーエバー
4.麦わら帽子と野球帽
5.でゅえりすと・初段

Shinobi 3D より
6.stage 01
7.stage 03

ソニックジェネレーションズ 青の冒険 より
8.White Map
9.Emerald Coast Act.1
10.Special Stage

ぷよぷよ!! より
11.ぷよぷよのうた(ピコピコMix)ショートバージョン

リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産 より
12.怪盗Rのテーマ Short ver.
13.怪盗Rジングル~パリ市警からの逃亡

極限脱出ADV 善人シボウデス より
14.OPENING
15.PANTRY

メイプルストーリーDS より
16.オープニング原曲
17.オープニング(ショートver.)
18.エンディング

勇現会社ブレイブカンパニー より
19.ブレイブハート
20.仕事を求めて
21.勇者の進軍

閃乱カグラ-少女達の真影- より
22.目覚めよ飛燕(斑鳩の忍転身テーマ)
23.静かに熱く(詠のテーマ)

牧場物語 はじまりの大地 より 
24.春風のスキップ
25.夏の探検隊

ルーンファクトリー4 より
26.セルフィアの春
27.バトル!

イナズマイレブンGO より
28.雷門サッカー部~天馬と仲間たち~
29.神童の葛藤


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年07月12日 17:00 ] カテゴリ:CD紹介(その他) | TB(0) | CM(0)

コットン/セガ・サクセス

萌えキャラシューティング…というとちょっと違うけど、魔法使いの女の子が主人公の横スクロールシューティングゲーム「コットン」のサウンドトラックです。
販売はセガですが、開発はサクセス。コレ以降の作品は大体サクセスで通っているので、カテゴリは(その他)にしてます。

ボイスから入るコミカルなオープニング。プロローグビジュアルシーンが始まりステージ1スタート! という流れで始まります。口ずさみやすいキャッチーな曲と、インパクト抜群だったグラフィック、そして「いっくぽーん!」のボイスでシューティングシーンへ行きますが、ゲーム難しかった…
BGMは本当にシンプルで、システム16ってこんなだったっけ? と思う音使い。ただ、このシンプルさゆえに覚えやすく歌いやすい曲ばかりで(ループも短い)、歌謡曲の雰囲気を感じさせるメロが良いんですよ。イベントシーンのおちゃらけた雰囲気と反しての、シューティングシーンのシリアスさの対比が面白く、ちょっとだけ哀愁を漂わせつつも女の子っぽい可愛らしさもあったりで、実は名曲なんじゃないの? と思います。80年代FMサウンドの味わいが醸し出すゆえの曲なのかもですが、91年でこれだとちょっと古いカンジなのかな…?

そんなわけで、古い時代を感じつつも名曲は名曲(こういうちょっと寂しい系の曲が好き)だと改めて認識が出来る作品だと思います。ちょっと固めの音がまた味わいあっていいのかもね。


コットン
コットン


1.OPENING~VISUAL①~VISUAL②
2.STAGE 1~BOSS 1
3.STAGE 2~BOSS 2
4.STAGE 3~BOSS 3~CONTINUE
5.STAGE 4~BOSS 4
6.STAGE 5~BOSS 5
7.STAGE 6~BOSS 6~LAST BOSS
8.ENDING~RANKING~GAME OVER
9.S.E. & VOICE COLLECTION

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年04月27日 20:35 ] カテゴリ:CD紹介(その他) | TB(0) | CM(0)

さよなら海腹川背 オリジナルサウンドトラック

3DSの「さよなら海腹川背」の予約特典です。この後に発売されたVIta版と、過去の(プレミア付いてた)サントラを収録した「さよなら海腹川背ちらり サウンドトラック」が別途販売されています。
実は川背さんは予約してなくて、ゲーム屋さん行ったら特典だけ売ってて、それを購入しました。スマナイ。SFC版はプレイしてたんだけど、その後の評判がよろしくなくて購入ためらっている系です…出来どうですか?

主題歌2曲についてはインストアレンジ。ボーカルなくても爽やかなメロディがとても心地いいです。元々は「海腹川背・旬」の曲ですが、3DSだとボーカル曲では収録されていないのかな…?(ゲームしろよ)
ワイヤーツカワーなゲームで、割とアクションとしても手ごたえのある作品だと思っていますが、曲はそんなの関係なしに爽やか。メロはしっかりしているものの、バックと合わせても割りとシンプルなサウンドだと思います。音色がキレイ目なので若干アンビエントな雰囲気すらありますが、自然の空気感を出しているからそう感じるのかもしれません。とはいえ銭湯とか団地とか学校とか居酒屋とか3DS版はステージが普通に建物なのね…
「前に進めない」は、クラベスが醸し出す空気で凄く海感があります。全体的に(魚たちが出てくるからというのもあるけど)、水辺の印象を受ける、そんな曲だと思います。

ただ、ちょっとインパクトには欠けるといいますか、空気すぎてふわっとしており、飛びぬけてこう!みたいな曲が無いと感じました。どれもキレイで心地いいんだけど、そこで終わってしまってて、後に残らないように思えます。作業用BGMという言い方は好きではないのですが、何かをしながら薄く音楽を流すという感じなんですね。
SFC版アレンジも似たような構成なハズなんですが、こちらは割りと曲として主張しているように感じるのは、単にプレイしてたからなのかな… 音自体も凄くハッキリしていて、キリっとした爽やかさが感じられます。3DS版の柔らかい風の爽やかさよりも、ちょっと強く吹く風の爽快さ。そんな印象です。
旬のアレンジもSFC同様なので、3DS版がちょっと雰囲気曲すぎるのかな…?


さよなら海腹川背 ORIGINAL SOUND TRACK




●「さよなら海腹川背」より
1.空の青さ(インストアレンジ)
2.ときめきが目を覚ましている(インストアレンジ)
3.ゲームオーバー
4.フィールドセレクト
5.銭湯
6.団地
7.学校
8.居酒屋
9.前には進めない
10.親子
11.ふくれっ面

<さよならアレンジver.>
●SFC版「海腹川背」より
12.川・下流
13.川・上流
14.川・渓流

●PS版「海腹川背・旬」「海腹川背・旬~セカンドエディション~」より
15.多摩川
16.浜
17.磯
18.長瀞


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ
[ 2018年04月17日 17:35 ] カテゴリ:CD紹介(その他) | TB(0) | CM(2)
プロフィール

穴のあいたくつ下

Author:穴のあいたくつ下
レトロゲーマー属性のナムコスキー。セガも好きですが、ナムコの方がもっと好きです!

紹介済みのサントラリスト
ゲーム音楽の楽譜リスト
iTunes配信リスト
ゲーム関連イベント情報

プライバシーポリシー


つぶやき。
ブログ内検索
ゲーム音楽演奏関連
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]
ゲーム音楽の演奏会情報ポータルサイト[2083WEB]さん。

ラストエリクサーウィンドオーケストラ
2018年9月23日いたみホール(伊丹市立文化会館)大ホールにて開催予定

しかしMPが足りない
2018年9月23日東北大学百周年記念会館 川内萩ホールにて開催予定

エリシオン・フィルハーモニー・オーケストラ
2018年9月30日石橋文化センター・大ホールにて演奏予定

オータムリーフ管弦楽団公式サイトバナー
2018年10月14日所沢文化センター ミューズ 大ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックストリングス
2018年10月14日開催予定

Another World Fantasia
2018年10月20日サーティホールにて開催予定

ゲーム音楽専門マンドリン楽団"LUIDA"
2018年11月10日静岡市 清水テルサホールにて開催予定

フィルハーモニア・アンサンブル・アトラース
2018年11月10日千早なみきスクエア なみきホールにて開催予定

北海道ゲーム音楽吹奏楽団
12月23日札幌市生涯学習センター ちえりあホールにて開催予定

ラピスドリームオーケストラ
12月24日豊中市立文化芸術センター大ホールにて開催予定

Ⅱ魂
2019年2月17日多摩市民館 大ホールにて開催予定

東京ファンタジックブラスバンド
2019年2月24日かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホールにて開催予定

コスモスカイオーケストラ
2019年3月3日オリンパスホール八王子にて開催予定

Star Dust Strings Orchestra
2019年3月10日江戸川区総合文化センター小ホールにて開催予定

名古屋ゲームミュージックアンサンブル
2019年6月2日刈谷総合文化センター 大ホールにて開催予定

Chor Crystal Mana
2019年7月20日江東区文化センターにて開催予定

リトルジャックオーケストラ
2019年8月18日横浜みなとみらいホール(大ホール)にて開催予定

ガーデンオーケストラ

もょもと交響楽団

Kyoto Wind Guild

ファミコンバンドFCB

Orchestra An-Nin

ピコピコーラス

ルセッタアミュゼ吹奏楽団

熱血高校吹奏楽部

THE MUSIC MAGES

Ritter der Musik

Game Musica Jake



アフィリエイトリンク
モンスターハンター:ワールド イーカプコンバナー


チケットぴあ
楽天チケット



毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!
ブログ検索&ランキングリンク