みんなでまもって騎士~姫のトキメキらぷそでぃ~サウンドトラック Vol.1

3DSダウンロード用ソフト「みんなでまもって騎士」のサウンドトラックです。
前作の「まもって騎士」から続いての8bit音源でのサウンドということで、古代さんをメインに、川口博史、小倉久佳、細江慎治、古川元亮という、古のコンポーザーであり、レジェンド級な方々を迎えて作られています。

FCの音なわけで、音自体としてはチープなのかもしれないけど、それが凄くいい! というか、心地いい上質な曲たちであると思います。そして個性って出るねw FCの音源ではあるけど、それぞれの特徴をしっかり出しているのが面白い! Hiro師匠はやっぱりセガっぽいし、OGRは薄暗い(奇々怪界とかね)、めがはんはポップさわやか、みっしぇるさんは「何このグラディウス」。
FC音源版だけでなく、各コンポーザーさんによる元曲バージョン(こちらもそれはそれで8bitを意識した作りにはなっている)も収録されており、さらに尖った個性丸出しでより分かりやすい味わい。

多分にオーダーの時点で「~っぽく」みたいな注文をされていたのかな? そして、しっかりそんな雰囲気で作り上げて、FCにコンバートする際にも独自の良さを残しての仕上げをしているんだと思います。だからこそ新しい作品なのに、懐かしい。おっさんユーザーは「ああコレコレ」と思うハズ。
昔では考えられなかったトップアーティスト(というかサラコンだったわけだけど)による共演は、当時を知る人間には本当に嬉しいものです。

どれもがメロがしっかりしてて、分かりやすい曲であるというのも当時の良さなのかな。3音だからこそメロが際立つのかもしれません。主題歌はもとより、各曲本当に聞きやすく分かりやすいです。逆にこの音に慣れてないとどう感じるのかな…?
エンディング曲「恋の8ビットメモリーズ」の歌詞もいいw 3DSにツーコンはないけど、電源投入後の魔法の息演出とか最高(あんまり3DSのマイク機能使ったゲーム無いよね…)。
本気で80年代パロディを作り上げるには、本気の80年代音楽を合わせるしか! という、こしろんの本気を見ました。

OGRの「Retro-Nitro-Girl」原曲は、配信のみになってます
Retro-Nitro-Girl - Ogura Hisayoshi Onga Seisakushow


みんなでまもって騎士~姫のトキメキらぷそでぃ~サウンドトラック VOL.1




1.ゆけ! まもって騎士
2.えい えい おー!
3.このゆびとまれ
4.ぼ~ん! ぼやーじゅ
5.みんな はしれ!
6.エンドレス・スコール
7.暗闇から
8.Retro-Nitro-Girl
9.オールトの雲
10.紅蓮のココロ
11.まもって騎士のテーマ
12.三色(みいろ)のスプライト
13.恋の8ビットメモリーズ
14.OMG
15.いざゆかん!
16.すっきりプリンセス
17.ハッピープリンセス
18.みんな はしれ!【テンポアップバージョン】
19.Retro-Nitro-Girl【テンポアップバージョン】
20.オールトの雲【テンポアップバージョン】
21.エンドレス・スコール【テンポアップバージョン】
22.紅蓮のココロ【テンポアップバージョン】
23.ゆけ! まもって騎士【ロングバージョン】
24.このゆびとまれ【原曲バージョン】
25.ぼ~ん! ぼやーじゅ【原曲バージョン】
26.みんな はしれ!【原曲バージョン】
27.エンドレス・スコール【原曲バージョン】
28.オールトの雲【原曲バージョン】
29.VOICE COLLECTION(ローファイ版)
30.VOICE COLLECTION(マスター版)
31.S.E.COLLECTION

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年07月04日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0

イリスのアトリエ グランファンタズム オリジナルサウンドトラック

イリスのアトリエ3にあたる、グランファンタズムのサントラです。
アトリエシリーズらしさ…よりも、この後に発売されるマナケミとかに近いというか、より冒険ファンタジー色が強まった印象のゲームですが、音楽的には原点回帰を目指したとのことです。

アトリエ系というと、個人的にはどこか田舎ののんびりした雰囲気に合う、牧歌的なサウンドだと思っていたりしましたが、思えばマリーさんもそこまで牧歌的ではないので、フォルクローレを感じさせるトコロが原点なのかもしれません。
笛やギターのアコースティックな音使いは非常に心地よく、ゲームを離れて曲単体で聴いても「曲」としてのクオリティが大変高いものであるので聴き応えがあります。どの曲もキッチリとメロが立っていて、歌いやすく聞きやすい。しっかりと印象に残るものたちだと思います。ゲームと合わせて、その背景がしっかり伝えられるものであるし、ゲーム知らなくてもケルト風味が好みであれば、気に入る曲たちかと思います。曲の盛り上げ方が凄く良くて、展開が意外性が高いといいますか、こっからまだ盛り上げるのか! と単純じゃない部分が「曲」の完成度の高さに繋がっているのかと感じました。

「古書に囲まれる日々」は、マリーさんで言うトコの学校風に流麗なサウンド。華麗なんだけど、どこか寂しげなメロが時代を語るという趣。バロックではないのにチェンバロっぽくなるだけでこの雰囲気を出すのか~ と、相変わらずこういう曲に弱いと再確認。
パメラさんの「幽霊少女」は彼女のテーマとなって色々シリーズに入っていますね。

それから、霜月はるかさんによるゲームOPをはじめとして、みとせのりこさん、石橋優子さん、片霧烈火さんたち歌姫たちのボーカル曲も聴きドコロ。こちらも分かりやすいアトリエっぽさ。というか、アルトネに繋がっていく部分ですかね。
古来のアトリエから変化していく分岐点になった作品がイリスなのかなと思っています。

収録がストーリーに沿ってないのはお馴染なんですが、できたらやっぱストーリー順の方がいいなぁ…

iTunesでも配信中です
イリスのアトリエ グランファンタズム オリジナルサウンドトラック - 1 - GUST
イリスのアトリエ グランファンタズム オリジナルサウンドトラック - 2 - GUST


イリスのアトリエ グランファンタズム オリジナルサウンドトラック




Disc.1 -fantasm-
1.schwarzweiβ~霧の向こうにつながる世界~(Game Ver.)
2.郷里の陽
3.世界と伝承について~前編~
4.世界と伝承について~後編~
5.Grand Fantasm
6.魔法のことば
7.工房にいらっしゃい!
8.水の街
9.セールスは3時から
10.強者たちの集う場所
11.古書に囲まれる日々
12.テンドグラスに射す光
13.地図にない道へと
14.異世界への入り口
15.Thumderclap
16.霧の針葉樹
17.古き城を訪れて
18.古城の洞穴
19.遥かなる刻の奏で
20.妖精たちの戦い
21.クマたちの戦い
22.神秘の水晶谷
23.神の庭園
24.深遠
25.精霊たちの乱舞
26.マナとの約束
27.おてんば姉妹
28.Soul Boy
29.孤高の青年騎士
30.黒い影
31.精霊のふるさと for グランファンタズム
32.幽霊少女 for グランファンタズム
33.オマケ隠しトラック

Disc.2 -truth-
1.Omen
2.Tutorial
3.達成だね!
4.イリスと愉快な仲間たち
5.散歩日和
6.カラス空を行く
7.二人だけの時間
8.心の迷宮
9.木枯し
10.不穏な足音
11.暗雲
12.雷雲
13.独り想うこと
14.大切な人
15.郷里の星
16.至宝の輝き
17.Crash!
18.Breath of Beast
19.Criss Cross
20.Rain of Blossoms
21.Desire and Commandments
22.Eye of The Eagle
23.歓喜の瞬間
24.Your Status
25.力尽き果てて
26.ムービー用ジングル~タイトルロゴ~
27.ムービー用ジングル~チャプター~
28.つづきはまた明日
29.Flowers In The Rain
30.Lorelei
31.大切なことば
32.Bonus Track~Etude~


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年06月16日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0

トイキャラポップコレクションVol.3 ビデオゲーム編

このアルバムは、基本的に「ゲームタイアップ曲」であったり、イメージソングであったりするところを収録しており、ゲームなのかどうなのか悩んだトコロだけど、ゲーム内でかかる曲もあるからということで取り上げてみました。
過去にCD化されてない曲もあり、レコードなどから収録されていると思われますが、これが凄くクリアな音になっていて、大変聞きやすくなっています。サイコソルジャーなんかこもった音の印象だったのに、本当にキレイな音になっていることに感激!

70年代後半から80年代にかけての、ゲームの周りでの「ポップカルチャー」を探る上で、大変資料性の高い収録内容になっていると思います。その時代の空気を感じることも出来、また楽曲自体もなかなか質の高いものになっています。確かに古いんですが、その古さもまたおっさんには懐かしく、若い子には新鮮…には思われないかな。色モノ的なアルバムだと思われますが、個人的には「まとめてくれてありがとう!!!」と絶賛です。
これに入っていない曲もまだまだあるので(聖剣サイコカリバーとかのイマジニア系、鴻上さんのDQ3とかオールナイトニッポン系などなど)シリーズを続けていただけたらと思います。そういやぺんぎんくんwarsの「もっと接近しましょ」とかはアレは曲ありきか。(それ言ったらモモコのラムちゃんとか色々あるもんね)

さて楽曲について。
「ディスコ・スペース・インベーダー」は、インベダのお馴染の音をディスコサウンドに載せて、「DISCO CHURENPOHTOW」もディスコサウンド(ディスコ歌謡)と、この時代をうかがえる楽曲。さすがにこの2曲は知らなかったです… 知らなくてもなかなかイイな! と思える辺りの当時の空気感。
テディボーイはゲーム中にも流れるお馴染の曲。これ系統が「Love Song 探して」、「瞳のナイフ」、「サイコソルジャー」、「リサの妖精伝説」。アンナちゃんとのん子は歌姫という位置ですが…ゲフンゴフン
「ドキ・ドキ Do it」が当時のマリオの映画(クッパが和田アキコさんのヤツ)主題歌で、スタソルも同様に映画曲ですね。
「エンジェルブルー」と「哀愁ピュセル」が、それぞれハイドライドスペシャル、奇々怪界のCM曲という位置で、基本的にアイドル曲かと思われます。「小夜カーニバル」はOGR作曲なので、実はかなりゲーム曲なのかも…
最後のインベダ音頭はインディーズ曲でかなり色モノっぽい風合い。

インナーに各曲の解説が詳しく書かれており、またそれぞれのレコードジャケット画像もあるので、本当に資料として面白いアルバムになっています。わざわざこのインナーの紙を古っぽくしている(凄くいい紙なのに)こだわりも良いです。こういう雰囲気を大事にしているのはいいよね。


トイキャラポップ・コレクション VOL.3 <ビデオゲーム編>




1.トイキャラポップ・コレクション
  <ビデオゲーム篇>CM/高野政所
2.ディスコ・スペース・インベーダー 
  /ファニー・スタッフ
3.DISCO CHURENPOHTOW(九蓮宝燈)
  /伊東マユミ
4.テディ-ボーイ・ブルース/石野陽子
5.ドキ・ドキ Do it 
  ビシッとバシッとRock'n Roll学校編
  /未来童子
6.ドキ・ドキ Do it スキスキクラクラ恋愛編
  /未来童子
7.Love Song 探して/牧野アンナ
8.スターソルジャーのテーマ/高橋名人
9.エンジェル・ブルー/ちわきまゆみ
10.ウルティマ -瞳のナイフ-/日高のり子
11.ハートの磁石/日高のり子
12.哀愁ピュセル/伊藤美紀
13.小夜カーニバル/伊藤美紀
14.サイコソルジャー/清水香織
15.傷だらけのブルームーン/清水香織
16.リサの妖精伝説 -FAIRY TALE-
  <ロング・ヴァージョン>/立花理佐
17.インベーダー音頭/高土新太郎

にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年04月07日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0

アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女 オリジナルサウンドトラック

PS2ソフト「アルトネリコ 世界の終わりで詩い続ける少女」のサウンドトラックです。基本的にゲーム中サウンドが収録されていますが、「EXEC~」タイトルのヒュムノスはコレには収録されてなく、別途出ている星詠~ホシヨミ月奏~ツキカナデに収録されています。
歌(詩)がキーとなる作品なだけに、そのキーが別に収録されているのがちょっと惜しい…と思うところ。

「ファンタジーとテクノロジーを一体化」した独特の世界であるため、音楽も同様に機械的なサウンドでありつつ、どこか民族的なサウンドであったり、多重コーラスを用いたファンタジックなメロディ(ガスト的だよね~)や、一方ラップが入ったり、三味線バトル曲ありと、ジャンルや時代に囚われない個性的な楽曲が揃っていると思います。
ただ、一般的なシーン曲が普通にガストっぽいというか、アトリエと大差ないかな?と思うとこもあり、そういう曲と、ちょっと雰囲気いい曲の対比というか差が大きくて勿体無いかなと思います。

だからこそ詩魔法が映えるのかもですが、それらが収録されていないからなぁ… 全曲収録されていればとどうしても思っちゃいます。
アトリエ曲が好きならそりゃもうすんなりと聞けるし、いいなと思うハズ。ヒュムノス以外のボーカル曲のインパクトもなかなかあるし、神秘的なんだけど、圧倒的にヒュムノスが凄すぎて他が普通に思えちゃうところも。いや、全然良い曲ばかりなんですけど、アルトネらしさ。というのが良くわかっていないからそう思っちゃうのかな…
どの曲もメロがハッキリしてて、個性的で分かりやすいので、聞きやすさはあります。SFらしい曲、古風な曲、それらが入り混じっての混沌とした音楽というのがらしさなのかな。


アルトネリコ
アルトネリコ
世界の終わりで詩い続ける少女
オリジナルサウンドトラック



DISC01
1.謳う丘
2.鎮魂の調べ
3.Audhumla
4.新緑の大地
5.朝露溶けて
6.Fenrir
7.Salute!
8.やすらぎの歌
9.ひといき
10.思い出かぞえ歌
11.チクタクマン
12.苦難を超えて
13.Vidarr
14.傷跡
15.君の想い
16.Brave Beat
17.夕焼け空は茜色
18.Airport Paradise
19.Merk
20.マッタリビング
21.Screaming Seagull
22.ヨゴレ屋稼業
23.総合企業集合体TENPA
24.蠢きの予感
25.Berserkr
26.謳う少女
27.記憶の彼方
28.Sigh of Town
29.Psyco Dive
30.ポコスコン
31.あたしの世界は望むがまんま
32.鼓動
33.ササゲウタ
34.シロガネ
35.Hawkeye
36.Fefnir
37.Shooting Star
38.鼓動~エレミアアレンジ~
39.Try Again!

DISC02
1.古代の記憶
2.紺碧の空
3.祈り
4.Go for It!
5.燐光
6.雫
7.つむじかぜ
8.ドッコイ半額セール!
9.危機一髪
10.Vidohunir
11.陰謀
12.Nidohogg
13.Get!
14.空の街
15.空
16.Good Job!
17.ささやき
18.Bifrost
19.Loki
20.うろこ雲流れて
21.魔界・オリカ城
22.Good night!
23.Sleipnir
24.AT inside~異変~
25.AT inside~共鳴~
26.Tower of AT
27.つがう命の声 AE
28.迷奏・パラドックス
29.響くホルンの奏で
30.Valhalla
31.Valkyrja
32.鳴動
33.Imperatrix
34.エレジー
35.Chornicle of Gene
36.そよかぜのうた OA
37.つがう命の声
38.終章・幻想遺伝子
39.ファンタスマゴリア


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2017年03月21日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0

Ori and the Blind Forest (Original Soundtrack)

引越しでCDまだダンボールなので配信オンリーのサントラ紹介。

今回はXBOX oneとPC(steam)で配信している「オリとくらやみの森」のサウンドトラックです。
アルバムは配信のみでして、CDとしては北米で販売しているOri and The Blind Forest Limited Edition の中の特典としてのみです。こっちのソフトがいわば完全版なので、どうせ買うならこれをオススメ…と思ったけどリージョンどうなのかしら。日本では発売していない!というのがクヤシス。(PC版だからリージョン大丈夫っぽい)

1つのフレーズをモチーフとして、色々なシーンへアレンジして使用していまして、何回も聞いて、死んで聞いて、オープニングでも聞いて! それがクライマックスでフルバージョンで聞いて!ぐわっとくるという作りになっております。
そのフレーズが大変儚く、切なく、しんみりとした雰囲気のゲームと(難易度は大変高いのですが)ピッタリなのです。さらに短いフレーズなのでプレイしているうちに口ずさめるようになって、このフレーズを覚えていくというのも、音楽的な作りとして上手いのではないかと思います。まぁアレね、本当に何度も死んでステージやり直すからね…

しんみりした曲調ではありますが、印象派というか、映画音楽的であり、空気に近い雰囲気ながらも、この口ずさめるフレーズによって記憶に残りやすいかと思います。
とにかく、ラストの「Light of Nibel」の盛り上がり、クライマックス感はパナイ。
この曲のために、今までのステージ、フレーズアレンジ曲があったのだと思えるくらいの出来で、エンディングと共に泣けるサウンドとなっています。曲単体で聞いても泣ける。
静かにピアノのフレーズアレンジが入り、コーラスが重なり、そこからパーカッションで一気にスピードアップ、盛り上げてから弦と笛で物語を語りつつ、コーラスとピアノで優しく引き継ぎ、ゆったりと終演へ向かう。余韻を残してピアノがエピローグを綴ると、1曲でこの物語をまとめているんですわ…本当に名曲だと思います。

もう少し難易度が低かったり、プレイ環境が楽であればなぁと思う作品でありますが、曲本当に名曲なので聞いてくれ! 
iTunesなら試聴も出来るし、それでキタ! と思えば間違いないと思います。



Ori and the Blind Forest
(Original Soundtrack) - Gareth Coker


1.Ori, Lost In The Storm
2.Naru, Embracing the Light
3.Calling Out
4.The Blinded Forest
5.Inspiriting
6.First Steps Into Sunken Glades
7.Finding Sein
8.Up the Spirit Caverns Walls
9.The Spirit Tree
10.Kuro's Tale I - Her Rage
11.Thornfelt Swamp
12.Down the Moon Grotto
13.The Ancestral Trees
14.Gumo's Hideout
15.Breaking Through The Trap
16.Climbing The Ginso Tree
17.Restoring the Light, Facing the Dark
18.The Waters Cleansed
19.Lost In the Misty Woods
20.Home Of the Gumon
21.Escaping the Ruins
22.Kuro's Tale II - Her Pain
23.Riding the Wind
24.Completing the Circle
25.Approaching the End
26.Mount Horu
27.Conundrum
28.The Crumbling Path
29.Racing the Lava
30.Fleeing Kuro
31.The Sacrifice
32.Light of Nibel


にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム音楽へにほんブログ村 ゲームブログへ

2016年10月05日 CD紹介(その他) トラックバック:0 コメント:0